Meet Our Executive Chef

ブログについて

私はチュバック・アレクサンドラ(Aleksandra Czubak)と申します。私は、提唱者およびヤギェウォ大学の近・極東研究所(Instytut Bliskiego i Dalekiego Wschodu UJ)の博士課程の学生でございます。日本とポーランドの法的違いについて博士論文を書いております。ヤギェウォ大学での法学のほか、近・極東研究所において、日本語と日本文化についてお学びしました。

私の法律分野の専門分野には、特に民法(契約・交渉)、手続き法(訴訟・和解)、ビジネス法(企業向けサービス)、労働法、外国人法が含まれます。

東京のポーランド大使館や以下の日本の法律事務所において実務経験を積むことができました。

§  栗林総合法律事務所(http://www.kslaw.jp/

§  有泉・平塚法律事務所https://www.h-ps.co.jp/

これらの経験により、私は日本のチームで働くことと日本の法律実務を詳しく学ぶことができました

また、明治大学において日本法のコースを受講したり、東京や福岡において数多くの法律会議に参加致しました。

毎年、三宅坂総合法律事務所で、ポーランド市場に関心のある日本人投資家向けのセミナーを開催しております。

2019において、Gazeta Prawna」日刊紙のポーランドの若手弁護士35人の一人として、「Rising Stars」コンクールにノミネートされました。

私は長年ポーランドの日本企業と協力し、法律問題やビジネス文化の分野でサポートしてきました。
2021年、ヤギェロン大学日本法学研究科での日本契約法に関する講義を開始。

 

私の職業経験の詳細につきましてはLinkedInをご参照下さいhttps://www.linkedin.com/in/aleksandra-czubak-0a9500a7/)。

ポーランドにおける日本人のクライアントと仕事をした経験のため、両国の類似点と相違点を分かるようになりました。したがって、私はこのブログを始めることに致しました。これは、ポーランドの法的および文化的な問題をよりよく理解するのに役立ちました。

個人的に、私は旅行に情熱を傾けております。私は日本で最も頻繁に旅行をしております。日本の好きな場所は東京、葉山、京都、福岡、沖縄でございます。私の夢は、九州(特に宮崎県)を訪問することでございます。

SUPボードも楽しんでおります。日本では、普段は葉山と逗子において乗っております。

 

                                                          ***

ブログのロゴは、ポーランドと日本に関連するシンボルの組み合わせに感化されました。そのため、日本の折り紙をモデルにしたポーランドのコウノトリを選ぶことに致しました。

Poran-do!

ポーランDO!

ブログ名は、「ポーランド」の日本語の単語に由来し、「する」・「行動する」を意味する英語の単語「do」が抽出されました。この接続の目標は、ここポーランドにおいてビジネスアイデアを実装することを奨励すること。Do it in Poland! ポーランドで実行してください!

さらに、ポーランド語では、「do」という言葉は、日本語の格助詞の「へ」(何かへ向かうこと)を意味します。それは「ポーランドへの」ビジネスド的なチャンスとしても理解できます。